靴の学校 / サンデー スタディーズ・moge 塾とは

人生100年時代といわないまでも、この長寿時代は、就業年と生涯年が帳尻が合わない時代に入ってき たコトです。
そこで、じぶんの生き方を見なおしするのも意味 あるコトだと思います。
しかし、人生100年時代をふまえて、厚生労働省は、勤務しながらの副 業兼業禁止を見直し原則容認としました。
このコトは、経営学者のピーター・ドラッカーの著書「明 日を支配するもの」1999年発刊・・・もう20年も前に 予見し提唱しています。 ピーター・ドラッカーは、この二つの働きを平行( パラレル = parallel )しておこな うコトを「パラレル キャリア」というキーワードにしまし た。 そんな時代がくるとは、ほとんどの人は思いもしませんで した。

なぜ新たなスキルが必要なのでしょう・・・
もう一つのスキルを通して、今、属している働き方 (スキル)とは別に、これからは、もう一つのスキル(モノコトづくり)を介して、 それまで接点のなかった多様な 履歴の人とのかかわり、社会と 人との関係性を広げ、個として自律し、よ り豊かな働き方、生き方をしよう・・・というコトでしょう。

このコトは、すべての人にとって共通の問題です。

そこで、今、就業しているスキルと平行し、日曜日を活用し、もし靴に興味があるとするなら、手づくり靴の技法を学び、いくいくは、 じぶんの手で靴づくりをしたい人といつしょに靴づくりをする「コミュニティ ワークショップ」を、たちあげ、少しづづ仕事のカタチをつくって いく、その道筋をつけるコトをシュー ワークショップ・mogeは、もう37年つづけています。

そこで、靴技をま学ぶ「場」についての在様を知り、どのような選択肢があるか考えて見ましょう。
一つは、既製靴技養成専門学校があります。靴製造部門の要望に合わせて分業職手を養成する職業訓練校のはずですが、 訓練校では、人があつまらないので、今では、靴足分つくる職人養成校になっていますが、靴製造元が雇用したいのは、靴足分つくる職人 ではなく分業職手であり、また靴業界の地盤低下と不況、縮小の一途をたどり、卒業しても行き場がなく、靴職人難民化して、 2020年は、このような既製靴技養成専門学校は、その存在理由を失って廃校するところもでてくるでしょう。
多くの人は、既製靴はメジャーなので、靴技は、技芸技巧を競う専門技(プロフェショナル ス キル)でなければ仕事にならないと思っている でしょうが、靴には「生活するリアルな身体そう」生活技があるコトを知らなければなりません。


既製靴の規定技法を学ぶか、
生活技法として身体のそう靴技を学ぶか

ココが思案のしどころです。
既製靴技法は、売れる売れないが評価と技芸技巧を競う職人技のプロフェショナル ス キルが一義で、そこには、靴はどうあらねばならないかの 「靴の本質」問う直向きな姿勢 が希薄です。
靴は静態(飾りもの)ではなく、動態(歩く)、ツール(装置)であり・・・
身体と一体化するためには・・・
靴が足に合っているフィッティング(靜的評価)
歩行時、身体の偏りを正すバランス調整(動的評価)
が相まって、靴は、靴なるのです。
これが「靴の本質」なのです。
大事なコトは、靴にかかわる、すべての職域に属する人 は、「靴の本質」とは何かについての、普遍的な意味を共有しな ければ、話になりません。 
なぜなら、すべての技法は・・・ その本質から、たちあがるからです。

もう一つ、見落としてならないのは、技芸技巧を至上とし自尊するプロフェ ッショナル スキルは、人と人の「かかわりを狭くする」、いわ いる タコ壷化した「かかわりの狭さ」 が、これが問題になのです。 
そこで、視点をかえて、靴の本質である「靴と足のいい関係」 を具体して、持続可能な生き方にするには、どのよ うに考えなければならないのでしょう。
既製靴技法は、靴が靴になる「靴の本質」を具体するコトのままならない規定技法でであり、 「靴の本質」を真っ当するには、生活するリアルな身体にそう手づくり靴技法でなければなりません。 それと靴は、社会の問題とつながっています。 これからは、靴は、「#KuToo」のムーブメントや「ジェンダー」の問題を視野に入れて、靴づくりをソーシャル スキルとして社会に積極的に参加する視点が 不可欠になるでしょう。つまり・・・

靴は・・・ 「プロフェッショナル スキル から ソーシャル スキル」にバラダイムシフトしなければなりません。

それは、靴を職人的専門技にしないで、生活技として見直し、でき るだけ平易に普通技 (だれでもできる)にして、 「足もとのおぼ つかない赤ちやんの靴から、足もとのおぼつかなる老人の靴」 まで、人の生涯の様々な場面とかかわる生活技として、おおくの人が セルフメイドする「共感の場 = コミュニティー ワークショップ」が、かなり確実な持続可能な生き方の一つだと思います。

既製靴技はメジャー、手づくり靴はマイナーだとされていますが、マイナーでも、靴の本質を真っ当する、メジャーが追随できないマイナーを、 マイジャーと造語しています。 まさに手づくり靴のマイジャーの時代なのです。

なぜならシュー ワークショップ・mogeは、この40年来、靴業界の凋落を尻目に、マイジャーとして実践実証してきました。
既製靴技法を平日1、2年限定で学び、靴製造業に就職という流れが不能になつた今日、平日限定でなく勤務しながら日曜日を活かして、時間をかけ、 しぶんのペースで手づくり靴技を学ぶ、そのような手づくり靴のフリー スクール(塾)があってもいいのではないかと思い「サンデー スタディーズ・moge塾」をたちあげました。

手づくり靴の技法を手につけたい人、
フジィカル セラピスト、
フットケアリスト、
小規模シュー  ショップのオーナー
シューフィッター、

シュー デザイナー
靴と足のかかわりを「実践知」とするには、じぶんの手で自分の足で靴をつくつてみるコトです。そのコトで、自身のスキルに新しい切り口を開き、新たな平地に踏みこみましょう。

サンデー スタディーズ・moge塾の5つの教科
サンデースタディーズ・moge塾 は、シュー ワークショップをた ちあげるための教科を、この5つに括り、年に繰り返し実施しま すので、自分のペースで学べるフリー スクールです。

教科1~3.シュー パターン メイキングの技法です
シューワークショップ・mogeのシユー パターン メイキングは、 「モゲ・プロセス= moge process」 として、この国でのシユー パターン メイキングのなかで、ただ一つの体系 = セオリーに基 づく技法です。
その基本セオリーひとつで、あらゆる靴種 = モテルフォームの バターンどりができます。 このような・・・
「シンブル=simple= 素形 & ファシリティ = facility = 容易」な バターン メイキングのブロセスがあるコトを知ってもらいたい と思っています。
靴づくりを介して、仕事をするのには、とにかく、どんなモデル フォームでも自由に、イメージ通りに、バターン化できるセオリ ーがなくてはならないはずです。

足は2人として同じ足の人はいない、この規格できない足を規 格技法でつくる既製靴のパターン メイキングの手法は、既製靴製造のための一貫技法で、手づくり靴には不向きです。
シュー パターン メイキングの学習をカテゴライズすると、この 3つになります。

教科1・「セオリーバターン =基礎」「外羽根」「内羽根」・・・木型に被せる

教科2
・「ローファー」「インディアン モカシン」・・・木型を包む 教科3・ロングプーツ「ジップアッブ」「ルーズ」 それぞれ個別のカリキュラムです、

教科4・ シューフ ィッティングと、オーダーメ イド、セルフメイドに不可欠な足のデータの取り方を学びます。 履く人の足の定量(数字)、定性(性質) データを、靴にするための適切な分析をしなければなりません。 この 教科は・・・既製靴のフィッティング調整をするシューフィッターには、既製靴のフィッティング不全を十全むにする手法です。 シューメイキング にとっては、足の詳細なデータを、靴づくりに変換する データーコレクティング(静的評価)技法を具 体する技法になります。

教科5・ シューメイカーにとっても、シューフィッターにとっても、歩行時の バランス 調整(動的評価)が必須の教科になります。
人の「歩く」という身体動作は、身体にたくさんのス トレスをかけながら、バランスをとって歩いていますが、その身 体に何かの不具合からバランスが崩れてくると、 それが症状とな ってあらわれます。それは歩きのバランス機能支持具としての靴 と足の関係に問題があることに気づかなければなりません。
そこで、歩行時のバランスを整える対処調整が、靴が靴になめた めには、欠かせない技法となります。 この教科は、
フット リハビリティ、
フット ホスピタリティ、
シュ ーメイキング、
シューフィッティング
を対象に・・・ ファースト ステージ(初級)と セカンド ステージ(上級)があり、 フット&ボディ バランス アジャスターの資格取得教科になります。

学ぶ順序は、

1: まず徹底して、靴をつくる技法を学び、
2: 靴をつくるための足データの解析、変換技法を学び、
3: そして、歩くバランスの調整技法順にを学びます。

申し込みはココ

モゲこと勝見 茂(シューワークショップ・moge 主宰)

勝見 茂・Shigeru Katsumi 1933年生まれ
1963 年 フランス語でLes Mains、手の複数形を社名にした広告制作会社」「レマン)設立し代表に就任、まだクリエイティブ・デレクター制をとる以前に、クリエイティブ&マーケティングを個の資質として統合をめざしクリエイティブ&マーケテシング エィジェンシーとして 、広 告業界に一石をとうじる。
1965年  広告、マーケティング・コンサルテーションとして靴業界との接点をもち、
1973年  「moge」を冠るブランドで既製靴市場に参入,靴業界で企画問屋と括られる先駆にたち市場改革をする。
1977年  この国初、世界ブランドのスポーツシューズ・セレクトショッブ「アム・スポーツフットウェア」を全国展開する。
1983年 次時代をみすえ、この国で初めて手づくり靴のワークショップをたちあげ、職人技ではなく生活技として、手づくり靴ワークショップでのセルフメイドの先駆として、新たな概念を持続可能な生き方を身をもって具体、現在に至る。
1989年  手づくり靴で生きるシューワークショップの仕組み「ワーカーズ」を2013年までつつけ、靴技養成校のなかでも、むいちばん多くの自立、独立する人を輩出、評価されている。
2014年 もう一つ、バラレル スキルを手につけて、 人生を豊かに生きる、むサンデー スタテヘーズ・moge塾とする、フリー スクールムを開設し、現在に至る。
2019年  「靴の本質」の極目である、靴の身体化にとって必須の技法であるフィッティングとボディ のバランス調整を学ぶワークショッブをたちあげる。

mogeは、いつも時代の節目、節目に、いかに生きるか、生き抜くか持続可能な生き方の思いを手にたくしカタチ にする実験工房でもあります。

所属団体  日本靴医学会会員 / 一般社団法人フット & ボディ バランスアジャストメント機構・理事

履  歴
1955年  上智大学文学部新聞科ジャーナリズム専攻
1959年 広告代理店・博報堂入社
1963年 博報堂退社
 1963年 広告制作会社クリエイティブ エイジェンシー・レマン設立代表
1967年  マーケテイングに軸足をうつし(有)バンブランニングを設立代表
1969年  から10年間、2代目時代のアメリカ屋靴店と市場企画顧問契約する
1973年  moge」を冠し、新業態、企画問屋の先陣をきり、既製靴市場に参入
1977年  40年前、この国初、スポーツシューズの世界ブランドのセレクショップ 「アム スポーツフットウェア」を企画プロデュースする
1983年 この国初のセルフメイドのシューワークショップ・moge設立主宰
1989年  職人養成ではなく、靴を生活技として生業にするスキルを学ぶ専科「ワーカーズ」を、2013年まで24年つづけ、多くの実業者を輩出する
2014年  人生100年時代をみすえ、パラレルキャリアを目する フリースクール・・・「サンデースタディーズ・ーmoge塾」を発足
2019年 歩行時のバランス調整のスキルを学ぶ、フット&ボディ バランスアジァストメント機構を設立

 

 

 

 

このページの先頭へ