ガヤガヤ話しながら、なにが問題なのかをみつけ、じぶんを外から見なおす時間をもちましょう。

靴を仕事にするフィールドなかで、じぶんは、、何を志向し、どう方向づけ,何をなしとげるのか、このコトをオリエンテーション(orientation)といいます。たとえば、靴の仕事をしているが、靴業総体のマーケット フィールドのなかで、じぶんは、どのポジションに在るのか見定めるコトをいいます。

これは、とても大事なコトなのです。

生きるというコトは、じぶんが生きようとしている、この世界のなかで、じぶんの立ち位置を意味付けるコトにほかなりません。何かにつけて、うまくいかなくなるのは、靴業総体のマーケット フィールドのなかで、じぶんの立ち位置を見失い、じぶんの居場所の見当がつかなくなるからです。

しかし、考えてみると、この事態は、自己再生の好機と思わなければなりません。

しぶんの生き方を、見つめなおし、思いを新たにする契機でもあります。今、先のよく見えない困難な不定の時代に、「meetup #living with shoes」は、このよな事態に、一人で内にこもらないで、みんなで語り合いながら、じぶんを外から見なおす機会をもち、少しでも未来につなげましょう・・・

世話人・2人会 (城一生、右・モゲこと勝見茂)

既製靴業界のインサイドで・・・城一生は45年、方やモゲこと勝見茂は、既製靴業界のインサイドで14年、手づくり靴で業界からはなれ、業界のアウトサイドで36年。靴での持続可能な生き方をもとめて、まがりなりにも半生を靴と共に生き抜いてきました。

日 時 2020 /7月24日・金曜日(祭日)・ pm1: 00 ~4: 00

   まずは靴にかかわる人

定 員 8人

集会場 シューワークショップ・moge

費 用 一切かかりません

茶 類 自前で用意してください

東京都渋谷区富ヶ谷2-22-12 Y-Tree 2f

所在地マップはココをクリップ

申し込みは、名前、住所、携帯番号を明記・ココをクリップ

 

このページの先頭へ