教科1・シューバターン メイキング技法

シューバターン メイキング・カリキュラムの内容です

申し込みと面談希望の方は、教科名、名前、住所、携帯番号を明記・ココ・・

靴には、木型でつくのモノと、木型なしでつくるモノがあります が、歩行する足に同調させるには、足機能の代替としての役割を 担う木型でつくるので、まず、その木型がバターンを起こさなければなりません。

 モゲ プロセスは、木型(ラスト)立体を平面でとらえるラストゲ ージからパターンをおこす方法をとりますが、

セオリーは、一つ 、

この基本をふまえれば、あらゆる靴種のバターンができ ます。
教科1 は・・・
U&Vカット/aタイプ・ステップイン (基本型の作業)
U&Vカット/bタイプ・ステップイン(基本型の作業)
Uカット オックスフォード ブラッチャー (外羽根・短靴)
Vカット オックスフォード バルモラル (内羽根・短靴)

教科2は・・・
Uカット/bタイプ・ イミテーションモカ(ローファー)
Uカット/bタイプ・トルーモカシン・インディアン モカシン

教科3は・・・
Vカツト/a & bタイプ・ロングプーツ・ジッブアップ
Vカツト/a & bタイプ・ルーズ

モゲ プロセス/実技過程・・・
モゲプロセスのパターン セオリーとはの基礎概念の説明)
木型について ソール&ゲージ メイキング (底面を形どりする作業)
ラストゲージ メイキング(立体を平面に形どりする作業)
モデルゲージ ドローイング (ラストゲージの靴種の線描作業)
カッティング パターン メイキング
カッティング(革の裁断)
クロージング (甲部・アッバーの縫製)
ラスティング (縫い上げたアッパーを木型にツリ込む)
パタンーンの精度のチェック (精度不良の再調整法)

サンデー スタディーズ moge塾 ・バターンメイキング・ワークショップの概要

・ 期 間  3日(日曜日3回連続)
・ 時 間  am 10:00 〜 pm 5:30
 ・教 科
教科1 (基本技法、外羽根、内羽根) 税込み  ¥39,600 (基本木型代、教材、材料代)
教科2 (イミテーション モカとトゥルー モカ ) 税込み ¥39,60 (袋専用木型代、教材、材料代)
教科3 ( ロングブーツ) 税込み ¥44,000 ( 教材、材料代)

・ 参加費     銀行振込 三菱UFJ銀行・表参道支店・店番133 普通1927142
口座名 (有)パンプランニング

・場 所  〒 151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷2-22-12 Y-treeビル 2f シューワークショップ・moge内
mobile: :090-9249-9236

 

申し込みと面談希望の方は、教科名、名前、住所、携帯番号を明記・ココ・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

多種多様な既製靴が市場にあふれていますが、バターンメイキン グのカテゴリーで分類すると、6種のモデルフォーム(素形)しか ありません。
そして、すべてのメソド(方法)には、かならずセオリーがなくて はなりません。
「靴になれば、いいだろう」とい先達がいますが、じぶんひとりで 靴づくりをするなら、それでいいでしょうが、人にその技法をつ たえるとしたら、セオリー(普遍的な方法)がなければならないと、 シュー ワークショップ・mogeは考えます。

「モゲ プロセス= moge process」は、すべての靴種を、一つの 普遍的な手法(セオリー)でバターン メーキングを体系化した、 唯一の技法です。
こんなに・・・ 「シンブル=simple= 素形 & ファシリティ = facility = 容易」に 体系化された技法があるコトを知らなかった・・・と既製靴のバ ターンナーも評価していました。
そして、「モゲプロセス」は頭でおぼえるよりも、踊りの振り付け のように身体でおぼえるコトを主体にしています。

シューワークショップ・mogeの評価 ・・・
生き抜くサスティナブルな靴技を手に託して、シューワークショ ップ・mogeは、専科「ワーカーズ」を24年つづけ、のべ500 人をおくり堕し、多くの靴技養成校のなかで、自立して靴手房 (ワークショップ)を立ち上た人が、いちばん多く輩出していると 、評価されています。
サンデー スタディーズ・moge塾とは 24年つづけてきた、このワーカーズ(専科)のカリキュラムを、 働きながら日曜日を活かして学び、もう一つのスキルを手にして 人生、二毛作の下地をつくる手伝いをするのが、フリースクールサンデースタディーズ・moge塾です。
靴のパターン メイキング(ペーパーバターン)からはじめましょう 手づくり靴の手房は、オーダーメイド、セルフメイドのワークシ ョップを仕事にします。
シューワークショップ・mogeは、この国で、はじめて、手づく り靴こそ持続可能な生き方であるコトを1983年来、実証してき た、いわば実験手房といえるでしょう。

 

シューバターン メイキングの技法の問題点・・・
既製靴のバターンメイキングは、履く人の足データは必要でなく、 JIS規格(日本産業規格)に準じた規格木型mens足長25cm、 womens足長23cmの規格技法であり、分業生産ですから、生 産工程での分節した専門技のキャリアが技法指導しますので、バ ターン メイキングは、型紙師(バターンナー)が、その任に当た ります。
既製靴技養成校は、この分業職手のキャリアが、それぞ れ自らの職能範囲をうけもつだけでなので、いちばん大切な「靴 の本質」を具体する技法には感心がありません。これは、靴づく りにとって問題です。
「靴だけをつくる専門校です」と宣言する既製靴養成校がありま すが、靴をカタチにすれば、靴になるわけではありません。
そして「靴がつくれなければ、何もはじまらないが、靴がつくれても何も はじまらない」・・・至言です。
より善く生るスベ(術)を具体す るワザ(技)が技術であって、靴をつくる技法のみならず、、靴づ くりを介して社会との関係性(ソーシャル スキル)をひろげ、い かに生きぬくか、靴づくりを生活技術としてパラダイム シフト、 シューワークショップ・mogeは、この36年、追いもとめてき ました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

モゲプロセス・教科1の内容

トレーニング ラスト(木型)。このラストですべてのバターン メイキングのトレーニングをします。

まず、ソール面と立体の木型を平面にする2つのゲージをつくります。

ラストのゲージは、前足部、中足部、後足部に分けて、中足部に は、甲部から直角に斜線を引くので、甲部支持のドローイ ングがしやすくなります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

トップポイント (靴を履く時に、甲がつっかかるトコロ)が、ク ロスポイント(赤線)より前足部にある場合をUカットaタイプ

トッブボイントがクロスボイント(赤線)より中足部(甲)にある 場合がUカットbタイプ。

 

バターン メイキングは、この2タイプのだけで、すべての靴種の バターンをつくるコトができます。 靴種には、UカットでなくVカットもあり、 aタイプ bタイプ がありますが、方法はUカットと同じです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

Uカットbタイブ(グレーの部分)に羽根部をドローイングすると・・・ 外羽根のモデルフォームになります。

このように、Uカットaタイプ、bタイプ(グレーの部分 )がバターン セオリー。すべて靴種・・・モデルのパターン メイキングが、可能なコトが良くわかると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

教科1・・・ベースフォームと外羽根、内羽根・・・

セオリーの2フォーム(左)を原型すれば、外羽根と内羽根のパターン、容易にできるコトを学びます。


教科2・・・イミテーション モカシンとトゥルー モカシン・・・

モカシンには、木型に「被せる」イミティーション モカ(ローファー)と、 木型を「包む」トゥルーモカシン(インディアン モカシン) の2フォームがあります。
ローファーとインデアン モネカシンは、 基本は同じですが、「被せ」と「包む」「メイキング プロセス の違いを学びます。


教科3・・・ジップアップブーツ、ルーズブーツ
・・・


ロングプーツは、「ジップアップ」と「ルーズ フィット」の2の モデルフォームのバターン メイキングを学びます。

申し込みと面談希望の方は、教科名、名前、住所、携帯番号を明記・ココ・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「モゲ・プロセス」のセオリー

「モゲ・プロセス」のパターン メイキングは「シンブル=simple = 素形 & ファシリティ = facility = 容易」な技法なので、頭でお ぼえるのではなく、踊りの振り付けのように、身体でおぼえましょう。
「モゲ・プロセス」をラストゲージ(上図)で示すと・・・
前足部は、不変
後足部は、可変
ヒンジホイント(蝶番)に目打ちで固定して、トップラ インが開かない位置まで下げて(上げる場合もあります)ヒール ホイントの差値を修正可変させるだけです。
この方法で、すべてのモデル フォームのパターンをつくるコトが できます 。
多くのバターン メイキングの授業では、、カッティング バターンの 作成だけその精度の評価をしませんが・・・ 「モゲ・プロセス」は、カッティングパターンで・・・
革を裁断、
踵部 を縫割
ツリ込み
カッティング バターンの精度評 価するトコロまでがプロセスになります。

 

シューメイキングのトレーニング・・・靴種には、そのモデル フォーム固有の属性がありますので、それぞれ固有性を学びます。

色々なモデル フォームのカリキュラム・テキストがありますので、バターン トレーニング、
シューメイキ ングのためのトレーニングは「ディヤーズ = DIYers」に編入して つづけるコトができます。また、自習した評価については、添削もします。
その他、ミシンのセット、色々な縫方、スキの練習なども熟練しなければなりません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

このページの先頭へ