「ブログ1」の記事一覧

making

    この一文は、久しぶりに発刊された「シューフィル」aging mook 2018に特・・・

凛としたセメンテッドの靴

この国の靴技は、だれがきめたのかハンドソーン・ウェルテッドの技法を至上の技法とし、セメンテッドは侮蔑の対象と底・・・

プログ100万件超えによせて・・・ #1

2005年にはじめたブログが、2016年11月で訪問件数100万件をこえた。 このブログの主題は、無謀にも靴業・・・

ワーカーズきたる、好日かな。

1月のある寒い日、細入まどか ( ワーカーズ11期・hosoiri works_http://www.hoso・・・

曽田耕をとおして見えてくるコトガラ

一日、いくどかデスクのバネルにあるビッナップに目をやる。 ご覧のとおりの「手の皺」と、いかにも疲れきった労務者・・・

ただ、おもねる時代に抗して・・・

靴をつくるには、靴技を手にしなければならないのはあたりまえのコトである。 しかし、靴技を手中にして・・・靴技を・・・

文系は役にたたないか・・・

文系と理系、今、大学は、御上(文科省)のお達しで、国策グローバル戦略の即戦力につながる理系を重視し、すぐ役に立・・・

ブロセスのたいせつさを読み取る

「モノコト」の生成は過程というものがある。 その過程を大勢の人でやりあげていくか、ひとりで、すべてやりあげてい・・・

老いの一徹

パノラマサイズで撮ると、手房が電車のごとく、左右が車窓に見え、前方向かって疾走するような催感を覚える。 手づく・・・

靴技を専門解ではなく普通解にする闘い

なにかを、自らの手でつくる。それも自ら暮らしにかかわる、なにかを「つくる」。 「つくる」とし「創る」としないの・・・

このページの先頭へ