美しい靴

街なかで、雑踏で視線の先は、どうしても靴。

靴もふくめ身につけている、すべてが、それそれに生活のザマがある。

そして、行き交う人々から感じとれる属性から、その人たちの生き方の在処が推測できる。
だから生活によりそう靴が生き活きと見える。

す通りする靴屋のウインドウには、いちども足いれされない靴が麗々しく、とりすましてデスブレイされいているが・・・その靴からは何も見えてこない。

よく、いちども足いれされない靴は「靴ではない」といっている。
このコトが、履く人の足がなければつくらない、手づくり靴のつくり手の立位置なのである。

もう、街なかの靴屋 (既製靴) をのぞいたコトがない。
意識から消えている。

自らの足、自らの手・・・でつくる靴は、生活のリアル シューズ。

靴は、生活にとけこんで、履きこむほどに美しくなる。
手づくり靴のワークショップから生まれてくる靴には、市場(既製靴)の評価などはいりこむスキが無い。

自転車で通ってくるディヤーズ歴7年と1ヶ月の M・M さんの靴。7年間自らつくった靴で暮らしている。

20151020_1
20151020_2
20151020_3
20151020_4

このページの先頭へ