シュー フィッティングからフット フィッティング

ディヤーズ歴6年11ヶ月の U・S さんが、息子さんの靴をつくる。そのフィット感に感銘した息子さんが、ディヤーズで靴づくりをはじめ、一足目ができあがる。
母から子へ、言葉ではなく「靴とはこういうコト」と体感させる、靴をこうして伝えたいものだ・・・
フィッティングの本質は、静的、動的評価が適正でなければならない。
とすると、靴に足を合わせるシュー フィッティングの技能をおもちの人は、いちど、じぶんの足の定量、定性データを基に静的、動的評価できる靴をセルフメイドしなければ、靴を身体化(フット フィッティング)するフィッティングの真の意味を知る由もない・・・と思いますが。
靴の教室・ディヤーズ

 

このページの先頭へ