拡張する手づくりの技法、フット&ボデイ バランス 調整

2月23日、24日
フット&ボディ バランス アジャスター養成ワークショップへのお誘い
どの職域でも、長くて続けていると、その職能が常習になり固定され、みんな変らなく同質化される様相を閉塞というのでしょう。
このような状況から抜け出すには、自らの職能に隣接する職域の技能を取り込んで拡充し、いままでと違う視点をもつコトで、新たな境地が拓かれるはずです。
その、新たなる境地とは、足ケアにかかわる専門職にあって、日々、頻度が重なる足部の不具合のほとんどが靴が起因なので、その場で靴のフィッティングとバランスの大切なさを伝え、靴の不全調整を施し、継続的に臨床できれば、一層の信頼を得るコトになるでしょう。
この閉塞からスピンアウトするには、今、かかわっている職能に、もう一つ隣接職能を融合して、2つの職能で新たな職域を拓のがパラレル キャリアなのです。
そのバラレル キャリアの一つに、靴の本質である、靴に足わ合わせるシュー フィッティングと、さらに歩行時における動的平衡を司る、現場に向き合い、現場でいきる、そして、現場でよろこばれる、現場力のスキルを、確かなものにする、足元と身体のバランス調整するワークショップが、2月23日、24日にあります。
日頃、自らの職能をさらに充実したいと考えている・・・
フジィカル セラピスト
フットケアリスト
シューフィッター
シューメイカー
シュー ショップのパーソナル オーナー
の方々は、是非参加するコトを望みます。

追記
靴づくりは、ともすると靴の技芸技巧を自尊する職人芸になりがちですが、靴は職人技と、もう一つ手づくり靴の生活技があるコトを知らなければなりません
生活技は、身体運動にそつて足機能を促す装置としての技法があります。
とくに、手づくり靴は、履く人の足でつくりますから、その人、固有の身体の偏りを正す技能が不可欠になります。その技法がフット&ボディ アジャスメント調整になります。
これは、手づくり靴にとって必須のぎほうになります。なので靴の学校・サンデー スタディーズmoge塾の教科5に当たります。
HPはココ

フット&ボディ バランス アジャスター養成ワークショップ/事務局
〒140-0011 東京都品川区東大井5-17-6
マイキャッスル大井町701号 バランスケアラボ内
TEL & FAX : 03-6317-8832

お申込みはココ

FBA機構の詳しいこと内容はココ

トレーニング・ルームの場所のマップはココ

このページの先頭へ