top    information    diyers    blog1    blog2    map    mail

2010/ Sep _ 27

忙中忙の日々

フラッシュバックのように内には、感じとったものこと、気ずくものこと、思うもの

ことが、頻度突起するが、それを言葉にして外に表出する、それもまとまったかたち

でとなると益々むずかしいのが、ブログが遅延する理由の一つでもある。

それとやりたいことと、それに費やす時間が一日24時間にはおさまりつかないこと

もある。

せっかちな気質と、コンセプシャルな志向が強いのとで、時をたっぷりかけて滋味

する文学は、靴にかかわる仕事に入って、このかた30年遠ざかっている。

この10日間は、17、18日の2日にわたり仙台での[靴医学会]の年次研究発表に出向

20100928

き、19、20、23、26日の日曜祭日は、サンデーワーカズの12時間ぶっ通しマラソ

ン カリキュラムを、4日ぶっとおしあって、25日には来年度22期のワーカーズの面

接説明会となる。

4

そんな日々でも、いちばんの楽しみは人文にかかわるものことで、とくに社会科学・

人文科学に属する哲学、芸術、美学、心理、教育、言語、宗教などの分野の書籍を乱

読するのが、今こよなく愛でたい日常の所業となっている。

乱読ではあるが、気にいったものは傍線傍注をつけ、繰り返しボロボロになるまで読

みふける、同じ表題の書籍が、間をおいて新書になり再刊されるとまた読み返すの

も、読みかえすことで知一般を頭にためるのでなく身体にしみつけたいからである。

[靴の医学会]へ出向くのは、靴は動的平衡保持の技法と概念づけるので、その手だて

の様々を年次的に確認したいからである。それにしても今年はこれが売れるというセ

ミナーにはドッと参じる靴業界人の姿は散見するだけでさびしいかぎりである。

人文という広汎な分野への無関心の度合いが、靴にかかわる領域のどうにもならない

偏狭の物差しだ思っている。

鬼神も涙する忙しさとは大げさだが、とにかく充実した10日間であった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カテゴリー:日々考日 | Edit