top    information    diyers    blog1    blog2    map    mail

2014/ Aug _ 09

 日常茶飯美

手づくりゴトの手元から感じとるのは、すべてが「日々是あらたか」、なぜ

日常茶飯事という言葉があるのが不思議になる。

なぜ手を働かせるのか、手でなければ感じとれない「生き方、シゴトの在り

方、暮らしのカタチ」がひとつにつながってくるからである。

こんなコトは、きょう日、見わたしても、そうはない。

だから、暮らしは自らの手でつくるモノコトだと、思うようになる。

手づくり靴も、手で装うコトばかりしている人が多すぎる。

「手は装うことができない」。

だから手なのである、このうけとめ方はとても大事なコトだと思っている。

とすると、つくる靴も、日々暮らしの感性と美意識が、自然 (= nature)

にたちあらわれてくるはずである。

手を働かせていると、日々を、ありふれた日常 = 日常茶飯事ってなんのコ

トとなる。

ボクは、日常茶飯美といいかえている。

(暮らしの靴手房・moge 塾にて)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2014/0809 pm 05:00

カテゴリー:日々考日 | Edit