「2015年10月」の記事一覧

老いの一徹

パノラマサイズで撮ると、手房が電車のごとく、左右が車窓に見え、前方向かって疾走するような催感を覚える。 手づくり靴の手房(ワークショップ)をはじめて32年目になるが、ここは6つ目の手房になる。 原宿の明治通りで立ち上げ、・・・

はじめての靴

ディヤーズ歴、n・k さん。ちょうど4ヶ月目で、はじめての靴が履けるまでなった。 けして「できあがった」などとは言わない。 足入れして、歩く。不具合がないか、つくった本人がたしかめる。まだ外での路上歩行できないので、万全・・・

美しい靴

街なかで、雑踏で視線の先は、どうしても靴。 靴もふくめ身につけている、すべてが、それそれに生活のザマがある。 そして、行き交う人々から感じとれる属性から、その人たちの生き方の在処が推測できる。 だから生活によりそう靴が生・・・

このページの先頭へ